そもそも冷えとはなんだ?

 

皆さん口々に「冷え性なの~」「冷えを治したい~」

て言うけれど、

では「冷え」とはどんなものですか?

 

セミナーなどでそう問うと、
とたんに「そう言われればなんだろう。。。」
と答えに詰まる方ばかりです。

私もかつてはそうでした。

冷えが何かと考える前に、巷に溢れてる温活グッズに先に目が行き、
それを使うことによって、なんだか少し改善された気になったりしていました。

 

でもね、

 

根本的にどうして冷えが起こるか知らなければ、
治すすべだってわからないですよね。

 

正しく知る事が温活の第一歩です!

 

では、
あらためて、冷えとはなんでしょう?

 

それは、

「低体温」 と「血液循環不全」 です。

この状態が慢性的に続くのが 「冷え性」です。

 

低体温とは、
35℃~36℃、あるいはそれ以下の温度のことで、

血の巡りが悪くなり、新陳代謝が鈍くなり、酵素活性や免疫活性が悪くなります。

35℃前後だとガン細胞などの異常細胞が増殖しやすい。
という状態のことで、

 

血液循環不全とは、
私たちの体内では血液が常に巡っていて、酸素や栄養分を全身に配っています。
それらの栄養により、身体の各部位でたんぱく質を合成し、分解、代謝をし、
同時に熱も生産し、やがて不要になった老廃物も血液が運び出すのです。

そのシステムが、寒さ等の原因により血の巡りが悪くなって、機能ダウンする。

そうなると酸素も栄養も届きにくくなり、細胞は活性を失い、熱を生み出せなくて体温が低下、

老廃物が運び出せなくなり、血管は詰まりやすくなり、さらなる血行不良を引き起こす・・・

 

これが「冷え」の正体なんです。
けっこう怖いですよね。

 

「冷えは万病の元」と言いますが、

はこれらの冷えが続けば身体のちょっとした不調から不妊や癌といった重篤な病にまで発展してしまうのです。
本当に怖いです。ただのことわざじゃないんですよ。

 

でも、

 

では、その逆で 「冷え」 を治すとどうでしょう?

血の巡りが良くなり、細胞が活性化され、栄養酸素ともに身体の隅々にまで行き渡り・・・

 

それはもう、健康そのもの、美肌だって、艶髪だって、ダイエット効果も出やすい

スペシャルな身体になりますよ!!!

長くなりましたが、

正しい冷えの知識と対処法で、冷えは治せます。
そして同時に健やかな身体と精神、美まで手に入ります。

だから、温活はライフワークとして、または美容法として
取り入れていきましょうねと言いたかったのです。
流行りや噂に踊らされず、
正しい温活で愛されボディーをめざしましょう♡

 

ちなみに身体が活性化されて一番ベストな体温はというと、37℃前後です。

そういう私の今朝の体温は・・・

なんと37℃超え!!!

大丈夫、しんどくないですよw

かつては冷えから病気に苦しみ温活を始めた私ですが、この10年で風邪一つ引いたことありません。オールウェイズ元気。

 

私で出来たのだから、あなたにも絶対できます。

 

次回から具体的に私の温活習慣を伝授します。

 

 

 

written by Fujibayashi mariko

HP→

instagram→