シンド・フジができるまで最終章 そして起業へ

誰もが人生の中で一度や二度、このままの自分でいいのかと疑問にぶつかり、

もっと違う道があるのではないかと岐路立たされる事があるでしょう。

35歳の私は、まさしくそんな時でした。

子どもの時からの夢をかなえ、長年モデルとしてやってきたけれど、実は早い段階で自分は外見的にもまた精神的にもモデルは向いていないと気付いていました。

それでもどうしてずっと続けてきたかというと、ただ好きだったからにすぎません。

夢中になって追いかけてきたから、どんなに辛い事があっても、ここまでやってこれました。

しかしモデル以上に好きになれる何かと出会えたなら、迷いなくモデルを捨ててその道に没頭したいと、その「何か」をずっと求めていました。

そして35歳。私は自分の今いる状況に疑問が生まれ、これまで以上に強く「何か」を求めていました。

そんなある日、たまたま「観業展」のチケットをある人からいただきました。

観業展は中小企業等が一堂に集まり、技術力や企画力・商品のPR、販路の開拓等を行う展示商談会です。

正直チケットをもらったときは、ビジネスとか自分には関係のない世界だと思いましたが、これも社会勉強だと思って素直に行ってみました。

会場には数多くの企業でにぎわい、自分は少々場違いだと感じつつ歩き進めると、ふとある一角に、とても美しい色とりどりの靴下が展示されているのを見つけました。

すーっと惹きつけられるように近寄ると、それはシルクだったりオーガニックコットンだったり、かなりこだわって作られた靴下だと素人目にもわかるくらい素敵なものでした。

食い入るように熱心に見ていると、その靴下製造の社長さんが話しかけてくれました。

温活マニアの間では、冷えとり靴下というものが有名ですが、私はこれまで様々な冷えとり靴下を試してきました。その経験からもっとこうだったらいいのになと思う構造とデザインの冷えとり靴下が頭にあったので、社長さんにそのアイディアを話してみました。

すると即座に「出来そうです、早速サンプルを作りましょうか?」と言ってくれました。話をしているとその社長のお人柄の良さが製品そのものに現れていることもすぐにわかりました。

非常に心がざわつきました。しかし私はまだ起業も何も、どこの馬の骨のものかもしれません。「もし作ることになったらお願いします」と名刺だけいただいて帰りました。

 

それから…

 

それから…

 

私はあの美しい靴下が忘れられず、気がつけば会社を起こし、私オリジナルの冷えとり靴下を作り、販売していました。おかげさまでネットショップでは準備段階から注文が入り、すぐに欠品がでるなど、大変な反響をいただきました。

サラッと書きましたが、これまでモデルと主婦しかやってこなかった人間なので、「会社って何?法人って何?」というくらい無知でした。ひとつ物事を進めるたびに失敗し、その失敗を元に前進するという「3歩進んで2歩下がる」のような地道な作業を繰り返してきました。

それはとてつもなく面倒くさくて、辛くて、孤独な戦いでした。

余談ですが、私は会社を起こす1か月前に離婚をしています。起業と離婚は全く関係はありませんが、たまたま時期が重なった為、起業の準備に加え離婚、また息子の受験が一気に重なって、あの頃は1秒すらも気が休まる時がありませんでした。

でも何かにとりつかれたかのように駆け抜けました。

その理由もやはり、好きだったから。これにつきます。しかしモデル以上に好きになったかと言えば、同じくらい好きなものになりました。

私は好きになったらとことん一途です。だからモデルを辞めるのは当然だと思いましたが、当時の事務所社長に引き止められ、今でも続けています。私はその時、人よりも何倍も何十倍も努力すれば、二兎を追うもの両方手にできるという事を知りました。それと同時に、これは矛盾して聞こえるかもしれませんが、失うものや手放さなければいけないものもあると知りました。何を持って何を捨てるか、その決断と勇気が一番大事なのではないかと思います。

 

 

そうして起業から2年たち、現在社長とモデル、そして母親として3足のハイヒール(草鞋)を履いて毎日慌ただしく生きています。

会社はまだまだ軌道に乗ったとは言えず、起業してからの紆余曲折は半端なく、書きたいことが沢山ありますが、それはシンド・フジがもっともっと皆様に認められてから。

温活は私を救ったように、皆様にとっても温活は重要なサポートになると確信しています。温活がもっともっと身近になるように、また温活が美容法のひとつとして確立させるというのが、私の一番の目標です。

そのためにもっともっと精進してまいりたいと思います。

ここまでご愛読ありがとうございました。どうかこれからもシンド・フジをよろしくお願いいたします。

 

 

次回からは毎日できる温活美容法を紹介していきます。