double socks 愛用者の声 モデル編

☆プロフィール☆

都留詩織

20代

福岡出身

東京・大阪モデル事務所LIGHTmanagement所属

主な活躍

・「CYCLE MODE インターナショナル 2014」CM

・「ほっともっと」CM

・「JR西日本 ユニバーサルプラン編」CM

 


一人暮らしを始めてから栄養のバランスが偏ってしまったのか、平熱が35度

台になり、足先の冷えは特に悩んでいました。お風呂で温まってもすぐに冷た

くなってしまい、なかなか寝付けないこともありました。朝ぼーっとして目が

さめるまでに時間がかかるのにも困っていました。

そんな時に出会ったのがこの靴下でした。それまでも、部屋の中では冬は常に

靴下の上にルームソックスを履いていたのですが、冷えた足先を包むだけなの

で、むしろ保冷しているような状態でした(笑)あとからゴムで締め付けること

で血行を悪くしてしまっていたことを知りました。

この靴下をお風呂から上がったらすぐに履くと、長い時間ずっとぽかぽかして

いることにまず驚きました。締め付けがなく、履いたまま寝てしまっても気に

ならないほどです。

冷えとり靴下というと、白やベージュといった地味な色というイメージがあっ

たのですが、これは外に履いていけるくらい可愛らしいデザインなのが気に入

っています?シルクなのに洗濯機で洗える点も高評価でした。

また、靴下を使うことと合わせて、運動をすること、カフェインや体を冷やす

食べ物を摂りすぎないこと、タンパク質を摂ることなどに気をつけるようにな

りました。

温活を始めて4ヶ月ですが、顔色が悪いよ、言われることが減りました(笑)夏も

クーラーによる冷えなど油断大敵なので、1枚目の靴下を毎日履いています。

これからも温活を続けていこうと思っています!


詩織さんは温活講座にも参加してくださり、double socksを履くと同時に
身体を温める温活習慣も取り入れられました。
冷え性になるのもいきなりでありません。習慣から徐々に引き起こされるものです。
詩織さんの場合はとくに一人暮らしを始めたことにより生活習慣が大きく変化された

ことにより冷えを蓄積されたものと思います。
それを改善するのもやはり習慣です。
身体を温める正しい方法を知って実践する。そしてこれまでの冷え習慣に代わって温め習慣化する。
これが一番大事なポイントです。
ヌックスとともに温活も引き続き頑張ってください。モデルとして最近ますますご活躍の彼女にNUXもファンとして応援しています。

はじめまして、温活ブログ始めます。

はじめまして、株式会社シンド・フジ代表取締役の藤林麻理子です。
私は自らの病気をきっかけに冷えの怖さを知り、そして冷えを学び、冷えとりの習慣を10年以上続けてまいりました。

そしてそこで気が付いたのが、温めることは「健康になる」というだけではなく「キレイになる」ということに繋がると。

それは「美は健康の上に成り立つ」ということに加え、温活のプロセスそのものが美しくなるための方法と一致するからです。

さて、忙しい現代では冷え性・低体温の人が急激に増えています

みなさまやその周りでも、冷えでお悩みの方は多いと思いますが、
冷え性というのは習慣でなってしまったものなので、治すにはまた、習慣を変えなくてはいけません
そして新たな習慣を続けてそれこそ完全な習慣になってこそ真の冷え知らずの身体となります。
弊社の商品はその手助けとして強い味方としてあなたのとなりに寄り添ってくれるでしょう。
しかし、冷えとりグッズをを使っただけでは冷えは完全には治せません。
脱・冷えのための習慣、世間では最近「温活」と呼ばれていますね。
そんな温活の方法をここに書き綴っていきたいと思います。
さあ、今日から一緒にレッツ温活!
温め美人&温めハンサムになりましょう♡
どうぞよろしくお願いします。