冷えに効く生薬「栗」と「番茶」の違い

新年あけましておめでとうございます。

昨年はシンド・フジをご愛顧いただきまして、誠にありがとうございました。

本年も何卒よろしくお願いいたします。

 

さて、今日は栗のお話です。

冷えに良いと聞いても、「漢方」や「薬膳」と聞くと何やら特別な食材を用意しなくてはと身構えてしまう人も多いのではないでしょうか。

しかし、大根、ニラ、梅、生姜など、そのほかスーパーで買えるおなじみの食材が「生薬」といって薬にもなる食材なんですよ。

栗もそのひとつ。

栗は血の循環をよくし、身体を温める効果があります。また胃弱や下痢にも効果があるとされています。

そして、ビタミン・ミネラルも非常に豊富で、たんぱく質もとれちゃう。

ミネラルの中でも亜鉛や鉄分など、女性に足りない栄養素を補えるのも嬉しいところです。

 

というわけで、本日のおやつは栗のお菓子をいただきます♪

 

 

この和菓子、中に栗が丸ごと一個入っていて、とっても美味しいです。

 

ところで栗はナッツ類と考えると、他のナッツ類に比べて脂質が非常に少なくてヘルシーです。

しかし栗は果物類。果物と考えると非常にでんぷん質が多いので、少量でエネルギーも補えますから、食べ過ぎには注意です。

いずれにしろ、

生クリーム、薄力粉、白砂糖たっぷり(名付けて冷える三大白食品)の洋菓子よりは、温活美人的にはスマートな間食だと思います♡

 

しかし、私はここでひとつ失敗をしました…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このお茶です。パッケージには番茶と書いてあります。

関西出身の私にとって番茶といえば、「ほうじ茶」のように焙じたものを指します。

(他にも北海道、石川、京都といった一部地域ではそうらしいです)

特に京都の「京番茶」は一般的な番茶と味も異なり、独特の燻製のような香りがして身体もとても温めるお茶として冬は重宝していました。

しかーし、最近築地で買った番茶は、どう見ても焙じているようには見えない…。

ごく。

あ、やっぱり緑茶

 

パッケージの上に「わか葉」ってシールが貼ってあったので、レジで一瞬、違和感感じたのになぁ。

 

調べてみると、一般的な番茶とは、「摘採期、品質、地域などで外れたもの、低級品の緑茶」のことを指すそうです。

煎茶との違いは、若葉ではなく成長したお茶の葉を原料としているところです。

 

私はもちろん緑茶も大好きですけど…

 

緑茶は身体を冷やす性質があります。

 

新緑の季節から夏場にはもってこいなのですが、真冬はちょっと避けてました。

一口に番茶と言っても、地域によって指すものが違うと勉強になりました。

もちろんせっかくなので、この東京スタイル番茶、ホットにして美味しく最後までいただくつもりです。

さっぱりとしていて苦味もなく非常に飲みやすいくてよかったですし。

 

でも皆さん、こんな違いもひとつ、どこかで役に立つかもしれない。お見知り置きくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

シンド・フジ 公式サイトはこちら

 

 

 

 

 

 

 

温活初心者さんにはこちら・冷えとり靴下NUX

 

 

 

 

 

 

 

Amazonからの購入はこちら(冷えとり靴下)

Amazonからの購入はこちら(レッグウォーマー)

Amazonからの購入はこちら(腹巻)

 

 

 

はぁとLET’S 温活!!!温め美人になりましょうはぁと