シンド・フジができるまで7 結婚編

よくあるドラマのワンシーンだと思いました。

 

成人式を終えたばかりの19歳はトイレの中で、くっきりと縦の赤いラインが入った妊娠検査薬を握りしめ、長い間ただただ呆然と立っていました。

 

「妊娠している・・・」

 

結婚するだの母になるだの、覚悟はおろか夢でも考えた事すらない年頃で、何よりも今は小さい頃からの夢がようやく叶う一歩手前です。

今でこそママモデルやママタレントは当たり前の世の中ですが、当時は結婚、出産はおろか、恋愛も公に出来ない時代でした。

 

私は目の前の現実があまりにも想定外だったため、まるでドラマでも観てるかのような、他人事のような気がしました。

 

そして悩んだ末、モデルを辞めて母になる決意をし、事務所に報告しに行きました。

ところが、事務所の女社長は私の話を聞いて一言、

 

「あ、そう。産んでもできるよ。」と軽く言いました。

 

あまりにもアッサリと、また思いがけない言葉に驚きました。

 

後で知ったのですが、彼女自身も若い頃はパリコレでも活躍したモデルでしたが、若くにご結婚され二児の子育てまっただ中だったのです。

だからこそ出た言葉だったのでしょう。

そうでなかったら、なりたい人なんていくらでもいるモデル界で、スタートから子持ちなんて面倒で相手にされなかったでしょう。

 

そんな彼女の言葉にも後押しされ、

2000年春、ハワイの丘の上の小さなチャペルで、私は永遠の愛を誓いました。

 

婚約指輪もドレスも新居も全部、義親が用意してくれたお子ちゃま夫婦の誕生です。

私はただ従うだけ、夢も希望もありません。遠慮して一番安いものを適当にぶだけ、妊婦なのに自暴自棄になっていました。

 

そして秋、10時間の陣痛に耐え、男の子を出産しました。

 

小さな手、小さな足、でも痛いほど強くおっぱいを吸う小さな口。私は生まれてきたわが子をしげしげ眺め、「お腹の中でこんなすごいものを形成してたのか!」と生命の神秘に驚きました。指先にしっかりと爪までついてるのです。

そして、「なんて可愛いの!!」これまで見たどんなものよりも愛しい。心の底から初めての感情が沸き起こりました。

その瞬間、私は身も心も母になりました。

 

慣れない育児と家事は大変でしたが、明るく温かい家庭を築きたいと思い、日々失敗も繰り返しながらも奮闘しました。

 

そして息子が7カ月になると、改めてモデル事務所の門を叩きました。

覚悟はしていましたが、やはり子持ちでモデルをするのは想像以上に厳しいものでした。

 

事務所の方針で子供の事は一切隠して仕事をしました。

ショーの最中に保育園から「子供が熱を出したので、すぐ迎えに来てください」と電話がかかってきても、私がすっ飛んで迎えに行きたいけどそういう訳にもいかず、またそれを誰にも相談する事もできず、ひとりであたふたする事も多々ありました。

仕事が終われば一目散に帰り、家事に育児です。

モデル同士や仕事関係の方とのお茶や食事などには一切付き合えず、仲間からは「あの子は愛想が悪い」とか「かわいそう」だと言われました。

一度だけ、東京のカメラマンに息子がいると打ち明けた事があります。

その人はそれを聞いて一言、

「それを言って得する事(仕事の上では)ひとつもないね」

…そんな時代でした。

 

 

私自身も、頭の中にも「子供を犠牲に自分の好きな事をしている」という罪悪感が常について回りました。

味方であってほしかった夫や義親からのプレッシャーも相当でした。

私は次第に仕事が入ると嬉しさよりも、子供の預け先やフォローなどの不安や心配の方が大きくなり、仕事に集中することができなくなりました。

そんな気持ちだからオーディションにも落ちてばかり、仕事もなく落ち込みました。

子供と一緒にいて安心させてあげたいという思いと、仕事で結果を出したいという焦りとで板挟みの日々が続きました。

 

しかしどんなに辛くても、私は夢をあきらめませんでした。

何故って?モデルという仕事が、好きで好きでたまらなかったから。ただそれだけ。好きな気持ちは抑えられませんでした。

だから私は必死に周りの認めてもらえるよう、家事も育児も文句をつけられないよう完璧を目指しました。

モデルとしてもハンデの分、他のモデルが遊んでいる間に、何倍も努力しました。

 

そしていつしか少しずつモデルとしてのステップを上がり、ママとしても友達から相談を受けるほどアイディアやテクニックを身につけ、すっかり肝っ玉母ちゃんになりました。

 

 

(何よりもこの子がいるから頑張れました)

 

 

 

シンド・フジができるまで6 短大生編

高校を卒業すると、私はついに田舎を脱出し、大阪へと出ていきました。

大阪成蹊女子短期大学・英文コミュニケーション学科に進学しました。

 

モデルになりたいのに進学?

これには理由があります。

 

高校時代には、いくつかオーディションへ応募したのですが、どれも全滅でした。

しかしある日電話をたまたま私がとった時、「今日のリハーサル来られてませんでしたけど、どうかされましたか?」と言われました。

その時すべてを悟りました、母が全て捨てたり隠していたのです。きっと不合格通知ばかりだったとは思いますが、中には合格もあったかもしれない。

華やかな世界への偏見、それが母の場合、さらに良からぬ妄想が膨らんで、何が何でも娘にはそんな世界へ入れまいと必死だったのかと思います。

そんな母に私は反発しました。しかし末っ子のしたたかさで、衝突をさけて進学するという姑息な手段を取りました。

 

卒業式が終わると、すぐに荷物をまとめて引っ越しです。

 

幼い頃からずっと一緒で、慰めの存在だった愛犬メグがその頃老衰化が激しかったのが唯一の心残りでしたが、そんな事も引っ越して一日もするとすっかり忘れてしまいました。

私は恥ずかしながら18歳にして初めて、地下鉄や、吉野家の牛丼、じゃんカラやTSUTAYAを知りました。そして飲み会やクラブも、何もかもが初めてで興奮しました。

だけど私は外で遊ぶより、自分の小さなマンションの一室で過ごす時間が一番好きでした。

たった7帖のワンルーム。そこには初めて手に入れた、誰からも干渉されない、本当の自由。自分だけの自由な世界が詰まっていました。

 

しかし2年間なんてあっという間です。

 

私はみんなが就活するなかで、ひとりモデル事務所を捜し歩きました。

今のようにネットで簡単に検索できません。

怪しいグラビアモデル事務所に入りかけたり、やたらレッスン代の高い事務所に入りかけたりと、大阪でモデル事務所を探すのは案外苦労しました。

ようやくイメージ通りのモデル事務所にたどり着き、合格し、レッスンを受け、

短大卒業と同時にモデルデビューが決まりました。

 

すべてが順調に思えました。すべてが・・・

 

 

 

(メグは私が都会で浮かれているうちに、ひっそりと息を引き取りました。

死に目に帰ってあげられなくて、ごめんね。)

 

 

 

シンド・フジができるまで5 高校生編

自然にもまれ、すっかり田舎の住人になった私も年頃になり、隣の郡の高校に進学しました。1学年12クラスもある大きな高校です。

制服のスカートはひざ上20cmの超ミニ。当時流行っていた60cmもあるスーパー・ルーズソックスを、一番足が細く見える位置にだぶらせてソックタッチで止めることに神経を注ぎ、ヴィヴィアンウエストウッドのハンカチにしっかりとアイロンを当てていました。

通学路はさらに遠く、駅までの道のりは自転車で30分、電車で40分、そこから徒歩15分かけて通いました。自転車を必死で漕げば、駅に着くころには靴下はすっかりずり落ちていました。

小学生の頃のいじめっ子たちは逆に地味で目立たない存在になっていました。

友達も一気に増えて、カラオケへ行っては安室奈美恵にglob、華原朋美などの小室哲哉ソングを熱唱し、プリクラで変顔写真を撮ったりと、定番の高校生活を送るようになりました。

 

そんなある昼休み、上級生に呼び出され、告白をされました。

何の心構えもなかったので非常にびっくりしましたが、その日の放課後、もう一人の上級生からも告白をされ、さらにびっくりしました。

その上級生2人は友達同士だったので、これは何かのドッキリだと思いました。

どちらも断るつもりで姉に相談したら、そのうちの一人がとても堂本光一に似ていて、その頃姉は堂本光一が好きだったので「もったいない!」と言われて付き合うことに。

しかし自分はどうも姉とは好みが違うと気が付いた私、2週間ほどでお別れしました。愛とは何かよくわからなかったのです、反省。

 

次に付き合ったのは同級生でサッカー部のH君。高校2年の秋でした。

1年の時は隣のクラスだったH君は、入学式で私に一目ぼれしてくださったそうです。そして翌日私の悪口を言った男子を殴って一週間停学になったそう。

そのエピソードを聞いた私はいたく感動し、好きになりました。

休み時間におしゃべりしたり、部活が終わるのを待って一緒に帰ったり、当時流行ってたバーバリーのマフラーをお揃いで巻いたり、誕生日には巨大なティディベアをもらったり…他愛のないことが幸せでした。

半年ほどで喧嘩して別れてしまったけど、これが私の青春の恋の思い出です。

(のちの同窓会で「まりちゃんがH君と付き合ってたのか不思議でたまらなかったわ。何か弱みでも掴まれてたの?」といわれる後日談付き。 H君はブサ…決してイケメンではなかったのです笑)

 

 

しかしその頃、私は恋よりも夢中になっているものがありました。

それはアルバイトです。

楽しい高校生活を送りながらも、「こんな田舎から抜け出したい」という気持ちは常にありました。高校を卒業したら都会へ出よう、その為にはお金を貯めようと考えました。

ホテルの配膳にアパレル店員、フードコートなど色んなバイトを経験しましたが、そのうち目的よりも一生懸命労働してお金がもらえる、その行為自体が楽しくてのめり込みました。接客業が性に合っていたのかもしれません。

 

それから私が都会に出たいもう一つの理由は、モデルになりたいということでした。

私は小学低学年からずっと、6歳上の姉が読むファッション誌に夢中でした。雑誌の隅々まで一字一句逃さぬ勢いで読んでいた私は、ファッションに目覚め、そしてモデルに憧れを抱くようになりました。

しかし モデルになりたいなんて大それた夢は、口にするのも、願う事すらも許されない気がして、ずっと心に封印していました。

ところが中学2年の頃、(何の授業だったかは覚えていませんが) 授業中に教師が「八頭身が一番バランスが良くて美人だ」といった話をしていました。例に挙げると観月ありさとかねって。

それから先生はおもむろに私を指さして、「うちの学校ではあなたくらいよ」と言ったのです。

一斉に注がれる視線に顔が一気に赤くなり、身を縮めましたが、心の中では小さくガッツポーズを取りました。

私には先生の何気ない一言が、こんな私にだって夢を見てもいいという許可に思えて、その瞬間私はモデルになりたいという気持ちが一気に溢れ出ました。

 

そんな目標を掲げたアルバイト、やればやるだけ結果が出て、学校では学べない社会経験が自信にも繋がりました。

 

夢は、人に希望を与え、強く成長させるのです。

 

 

シンド・フジができるまで4 中学生編

中学校に上がると、いじめは少しマシになりました。

それは、中学校が隣の村との合併だったからです。

半分はもともと同じ小学校出身、半分はこれまでの私の家庭環境やいじめを知らない隣村小学校出身の生徒で成り立っていたので、単純にいじめる子は半分になりました。

そんな中学校は小学校よりさらに遠く、スクールバスで通いました。

バス停まで自転車で行くことが許されたので、体力的には楽になりましたが、私は毎朝ギリギリに出るものだから、琵琶湖の対岸からぐるりとバスがバス停へ到着するのを、目で追いながらペダルを必死で漕いでいました。
それにしても毎朝夕見る琵琶湖は、いつも違う顔をしていました。

春は穏やかに、夏ははじけて、秋は淋しく、冬は厳か。

都会から来た少女は、自然が創り出す四季折々の湖に目を奪われては、しばし立ち止まっては、バスに乗り遅れたものです。

家は相変わらずでしたが、中学では美術部に入り、勉強は中の下、少数の友達もでき、望んでいた「目立たない普通の女の子」になれていたのではないかと思います。

そして、そんな私をずっと支えてくれたのは、「本」でした。

「くまのパディントン」や「おちゃめなふたご」「 赤 毛 の ア ン」 や「 風 と 共 に 去 り ぬ」 など、長く続くシリーズものが大好きでした。

シリーズが最終章に近づくと終わってしまうのが悲しくて、わざと読むのを止めたり、違う本も読み始め、次に夢中になれる本を確保してから読んだりしました。

芥川龍之介や 太宰治、三浦綾子に、トルストイ やドストエフスキー…中学生にしては渋い読み物は、父の書庫から拝借して読みました。

名作といわれる作品の数々を、感受性豊かな思春期に沢山読めた事が、大人になって 私の財産となったと思います。

とくに成功者と呼ばれ華やかに見える人物にも、幼少の頃や下積み時代には大変な苦労があったという内容の本には、おおいに勇気づけられました。

「この辛い日々も自分がいつか成功した暁には、きっと誇りに思える日が来る」などと生意気に思ったりもしました。

 

そうでも思わなきゃ…

 

私は大人になってからも多くの辛い事に遭遇しましたが、この小中学校の頃が一番辛かったと今でも思います。

それは人は悲しい出来事があるとそれを覚え、学び、成長していくものであり、経験を積めばそれだけ強くなれます。

 

しかし生まれて数年しかたっていない子供には、そんな免疫などあるはずもなく、

真っ白で無抵抗な心には、ズカズカとナイフはよく刺さるのでした。

 

 

 

湖北の冬は、寒くて、厳 し い。

 

どこまでも降り積もる雪の中 、借りた本をぎゅっと胸に抱きしめ、黙々と独り歩いたあの道を、 私は一生忘れない。

 

(結婚を機に本は全部処分してしまったのですが、この2作品だけはどうしても捨てられませんでした。存在自体が心の支えでした。今でも時々ページをめくります。)

 

 

 

 

 

西宮阪急の催事出店を無事に終えました

おかげさまで昨日で西宮阪急・1階タオル・リラクシング売り場での催事販売は終了しました。

たくさんのお客様に手に取っていただき、購入してただき誠にありがとうございました。

「次はいつ来るの?」との有り難いお言葉も多数いただきまして、恐縮です。

予定は未定ですが、西宮の皆様のため再度出店したいと切望しております。

その際にはお知らせいたしますので、

何卒よろしくお願いいたします。