シンド・フジができるまで2 幼少期~小学低学年編

前回、箕面に住んでいたころはごく普通の家庭だったと書きましたが、

私が幼かったからわからなかっただけで、大人になって姉に聞くところによると、結構大変だったようです。

まず父親が画家になると言って会社を辞めたそうです。

個展など開いていましたが、画家として成功するには道は険しい。母の収入だけでは家のローンに子供3人養うには足りず、トラック運転手などアルバイトをしていたようです。

母は美人で聡明、PTAの役員や障害者施設でボランティアなどをしたりと大変社交的でしたが、その一方で何か精神的に追い詰められていたのでしょうか、新興宗教にハマっていました。

姉と兄は有名私立幼稚園へ通い、家でも厳しく躾けられたそうです。

(私だけは近所の小さな教会幼稚園に入れられ、野放しで育てられましたw)

それでも毎晩食後はみんなで犬散歩に出かけたり、週末は外食や銭湯へと、家族団らんの時間も多く、楽しい思い出がいっぱいでした。

 

そんな一家はある夏休み、信州へキャンプに出掛けました。

信州でテントを立てて一晩過ごすと、思いのほか寒い!という事で予定を変更。

南下して滋賀県の琵琶湖へ行くことになりました。

湖北の湖水浴場で2,3泊したように記憶しています。

私たちが楽しく琵琶湖で泳いでいる間、父は湖水浴場のおじいさん(経営者)と何やら話し込んでいる様子でしたが・・・

 

その年の冬、私たち一家は箕面の家を売り、滋賀県・伊香郡西浅井町(現在は近隣6町と合併し長浜市となる)に移り住みました。

私は小学1年、兄は3年、姉は6年生でした。あの時信州が寒くなければ、縁もゆかりもないこの村に越すことはなかったでしょう。

200坪の土地に建てた新居は、トイレは汲み取り式、お風呂は薪で焚く、目の前琵琶湖、裏は山。何よりも集落より1キロも離れた場所に一軒だけという、「大草原の小さな家」を彷彿とさせるザ・田舎っぷりです。

小学校は歩いて50分もかかりました。豪雪地帯だったので、冬はその倍の時間がかかりました。

都会からきた転校生は、はじめは人気者でした。みんな優しく声をかけてくれました。

ところがいつの頃からか、いじめられるようになりました。

 

(現在愛媛県に住む父親が、つい最近得意げに「子供のいじめってのはなぁ、まずは親から始まるんだ。親がどこか変わっていて、それを親同士が話しているのを子供が聞いて、今度は子供同士であいつの親はおかしいって風に広がるんだ」と言っていました。

・・・お父さん、私それ、身をもって知ってる。思わず苦笑いしたものです。)

 

小さな集落で、母はキリスト教の普及活動を始めました。

学校の帰り道に母が教会の人たちと聖書を配っているのを見た時は、穴があったら入りたいと心底思いました。

集団登校で一緒だったあゆみちゃんは、みんなの前で「私のお母さんがまりこちゃんのお母さんはおかしいから、一緒に遊んじゃダメって言われた」と言い放ちました。

 

私は“クリスチャンはいつの時代も迫害される”を幼くして実感しました。

マタイによる福音書第5章11-12節にこう記されてあります。

「わたしのために人々があなたがたをののしり、また迫害し、あなたがたに対し偽って様々の悪口を言う時には、あなたがたは、さいわいである。喜び、よろこべ、天においてあなたがたの受ける報いは大きい。あなたがたより前の預言者たちも、同じように迫害されたのである」

教会幼稚園を卒園し、滋賀に引っ越してからも毎週日曜日は福井県の教会まで連れていかれていた私は、その頃自然と聖書の言葉が浸透していたと思います。

それでも、どうしてもその状況を喜んだり、幸いだと思う事は出来ませんでした。

 

母を恥じ、自分を恥じました。

神様を信じるどころか、恨みました。

 

「今日一日どうか目立ちませんように」

毎日そう願って、何とか一日をやり過ごしていたと覚えています。

 

ところが、この後、学校以上に家が辛くなるのです。

(農道を通った帰り道、自然の美しさには幾分心が癒されました)

続く

シンド・フジができるまで1 誕生編

温活ショップ・SHINDO FUJIをいつもご愛顧いただきありがとうございます。

おかげさまでもうすぐ創立から2年になります。

 

ここで少し、私がこの会社を立ち上げた経緯をお話したいと思います。

私が温活と出会ったのは11年前、病気をしたのがきっかけでした。

なのでそこからお話をしようかと思いましたが、

起業して度々感じたのは、温活をライフスタイルに取り入れるそれ以前の生活があったからそこに至り、私がこれまで生きてきた道すべてがここに繋がっていたのだという事です。

例えば温活には食生活がとても重要なポイントになりますが、私の食生活のベースを作ったのは子供の頃の環境です。

極端に言えば、今私がモデルをしたり会社を作ったりしているのは、生まれたとき時から、いや親の時代から(もっと言えば先祖の代からかも)影響しているのではないかと思います。

 

前書きが長くなりましたが、

そういうわけで会社を作った経緯を、長くなりそうですが、生まれた時からお話ししようと思います。

ご興味のない方は、どうぞ飛ばしてくださいね。

 

 

1980年2月18日、大阪・庄内で私は生まれました。

母親は当時ピアノの先生でした。

町のピアノ教室の先生ではなく、音大受験生を専門に教える、かなりスパルタな教師だったと聞きます。

私を産む2時間前までレッスンをしていたそうです。

おかげで私はクラシックを勉強したことはありませんが、耳が憶え、身体に染み付いています。

 

それから出産3週間後、箕面へ引っ越しをしました。

父親は当時三井物産に勤め、6歳上の姉と2歳上の兄、雑種犬が一匹、

一見ごく普通の家庭でした。

 

ひとつだけ違っていたのは、母親が少しおかしいと子供ながら感じた点です。

 

その頃の忘れられないエピソードがあります。

母はある日、私たち兄弟3人を正座させ、神妙な面持ちでこう言いました。

「あなたたちよく聞きなさい、今日この世が終わります」

ええ?どういう事?今日私死んじゃうの?

4,5歳だった私は心の中でパニックです。

そして母はこう続けました。

「でも安心して、この世が滅びる前に神様が一瞬で救ってくださるから、覚悟だけしておきなさい」

兄弟三人は相談するでもなく、ただただ黙って解散しました。

私は5歳にして死を間近に感じ、途方に暮れ、泣きじゃくるしかできませんでした。

ところが次の日は普通にやってきました。

母親は何のフォローもなし。

そんな母に聞く勇気もなく、とりあえず生き延びたことに胸をなでおろしました。

 

 

現在母は他界していますが、時々夢に出てきます。

大抵の夢は、母が生き返り普通の顔して私の前に現れるのです。

そんな事はありえないのですが、私は目が覚めると、夢だった事に逆に驚きます。

あの母だったら現実に起こりうると、信じさせてしまうほどの強烈な人だったのです。

 

箕面での生活は、多少母親が変で、父親との喧嘩が時々警察を呼ぶレベルだったくらいで、まだまだ幸せだったと思います。

そんな暮らしが小学1年から激変します。

 

 

(時代を感じるこの写真・・・丈夫で育てやすい子でした)

続く

 

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジン VOL.2

MAILMAGAZIN  2017/03/31 VOL.2

 

 

 

季節に合った温活方法やお得情報など、

ちょっと役立つ方法を月に1,2回ほどお届け。

Let’s温活!

 

 

 

 

早いもので今年も 3か月がすぎ、4月となりました。

例年より遅めの桜の開花があちこちで見られる今日この頃ですね。

さて、皆様は花粉症は大丈夫でしょうか?

花粉症や風邪などで鼻がつまってどうしょうもない時、

どうされていますか?

その時の状態を、鼻が「つまる」という言葉通り、

鼻水が多くてつまって出ないから苦しいのだと思う方が多いのですが、

実はこの時、鼻の中では血管がうっ血して腫れているのです。

だから鼻水や息がスムーズに通らず、いくら鼻をかんでも治らないのです。

では、鼻の内側のうっ血と晴れを一体どうすればよいのかというと、

血行を良くして流れをよくすることです

血流は温めるとよくなりますが、直接鼻を温めるのではなく、

足元を温めるといいそうです。足元から血液が循環します。

足湯や半身浴がもっとも効果があります。

しかし、日中は足湯なんかしてる暇がない!

そんな時は、靴下の重ね履きが効くのです。

ゴムがきついと逆効果、弊社のdouble socksは1枚目は完全ゴムなし、

2枚目は緩い口ゴム1本のみ!

花粉症でお悩みの方は一度お試しください。

 

 

 

 

 

 

 

先日3月 20日、Brooklyn Roasting Campany なんば店にてTHE FLEAが開催されました。

 

180坪の店内に、古着屋アンティーク、デザイナーによるジュエリーや雑貨など25ブースが出店され、

 

 

シンド・フジもNUXシリーズから黒糖ジンジャー、

この日のために用意したBluesmilesさんの焼き菓子とのコラボ商品などを

携えて出店させていただきました。

 

 

沢山の方々にお越しいただき、おかげさまで大盛況。

楽しい一日となり感謝申し上げます。

 

 

 

 

 

 

◎新発売◎

冷えが起こる原因のひとつは、自律神経の乱れです。
仕事が忙しかったり、夜遅くまでPCやスマホを見たりしていませんか?

全て国産の天然素材にこだわった、目に優しいアイピロ―が出来ました。

レンジで30秒チンするだけ、小豆の蒸気とヒノキの香りで疲れが解きほぐされます。

300回繰り返し利用できます。

 

 

◎期間限定◎


【春限定】黒糖ジンジャー×Blue Smilesコラボ☆

Blue Smilesさんから春限定ののおやつ、届きました。
サクラの風味が口中に広がり、思わず笑顔がこぼれます。
サクラの紅茶には、黒糖ジンジャーを入れてまだまだ寒い日にも温かく。
とびっきりスペシャルな春のTEA TIMEをお楽しみください。

【完全予約制】
3月24日〜4月5日まで予約受付、お届けは4月7日発送。
7日以降の日時指定も出来ます。

 

 

 

 

 

 

2017年4月12日(水)〜4月18日(火) 川西阪急1階リビング・イベントスポット

2017年4月28日(水)〜5月2日(火)宝塚阪急リラクシング売り場内イベントスペース

2017年5月30日(水)〜6月6日(火)西宮阪急1階バスリラクシング売り場内イベントスペース

 

にて、催事出店いたします!!!

 

私事ですが、起業した際に「百貨店に認めてもらえる商品作りを」

という目標を掲げていました。

2年目にして掴んだチャンスに嬉しくもあり、また正直不安もあります。

しかしながら、ひとりでも多くの方に弊社の商品を通じて温活の大切さを知ってもらいたい!

その気持ちを胸に精一杯頑張る所存でおりますので、

どうかお近くにお越しの際は、ブースまでお気軽にごらんください。

心よりお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

ご来店お待ちしております。

 

 

 

 

*************************************
[ SHINDO FUJI オンラインショップ ]
株式会社シンド・フジ
ADDRESS: 大阪府大阪市東淀川区井高野3-9-9
E-MAIL : info@beauty-nux.com
TEL    : 06-6340-4389
URL    : http://beauty-nux.com/
*************************************

 

 

イベント出店のお知らせ

『イベント出展のお知らせ』
2017.3.20 10:00-17:00
Brooklyn Roasting Campanyなんば店
にてTHE FLEAが開催されます。
質の良い古着やアンティーク、デザイナーによるジュエリーや、フード、雑貨など25ブースが出店。

シンド・フジもnuxシリーズに黒糖ジンジャー、またBlue Smilesさんの焼き菓子とのコラボセットなどを販売予定です。

白砂糖やケミカルな素材一切不使用のイルカのクッキーや

さくらと小豆のスコーンなど、ちょっぴり春を意識したプチギフトがおススメです。
同ブースにはデザイナー@satomitakabeによるSSの新作ワンピース等も発売予定です。
180広い店内で、コーヒーやビール、ピザを片手に商品をご覧になるなどいかがでしょうか。
お気軽にお声がけください、お待ちしております。

湯たんぽ

3月だというのに、まだまだ寒い日が続きますね。

さて今、巷では温活ブームにのって「湯たんぽ」が再び注目を浴びているのをご存知ですか?

 

エアコンやヒーターなどは部屋全体を温めますが、 湯たんぽのいいところは「身体に密着させて使える」こと。

つまり手足やお腹などダイレクトに温められるので、 冷えとり対策にピッタリなわけです。

私が愛用してる「マルカ」の湯たんぽは金属製で、 熱湯がたっぷりいれられるため、 高い温度を長時間キープしてくれます。 このふたのマークはメーカーさんの名前、 「マルカ」でしょうか・・・お茶目ですね♪ それから昔ながらの湯たんぽが進化したのはこちら、

充電式ゆたんぽです。

元々液体が内蔵されているので、お湯を入れる必要もなく、 コンパクトで柔らかいから、肩凝ったな~て時は肩などにも乗せれます。 冷えるとどうしても身体が縮こまり、肩や腰も凝りがちです。

付属のコードがあり、わずか15分ほどの充電で約5時間温めてくれます。

やわらかくてコードレスなので抱きかかえられるのが嬉しいですね。 お湯漏れの心配もなくコンパクトなので オフィスなどでも活躍してくれそうです。こっそり温活。 温かさでいえば金属製のほうが断然温かいです。お湯の温度で調節できますし。

上にラグをかけてさらに温かく。

太ももには太い血管があり温めると効率よく血の循環を促せるので パソコン作業中の時などに乗せてます。 重たくて硬く、お湯入れるの面倒だけど、温かさが断然上なので手放せません。 身体に近く使うものだから、電気を流してない自然さが身体には心地いいのかなと思ってます。 古き良き日本のものが見直されてるっていいですね。

ゴム製やプラスチック製など色んなタイプが出ていますから、 生活にあったお気に入りの子、見つけてくださいね。

 

 

 

 

切干大根


日本人が今、欧米食化していると問題になっています。
ハンバーグもカレーもピザも美味しいし、何が悪いの?
って思うかもしれませんが、
古代から日本人は米や野菜を主として何千年も食べてきました。
その証拠が、腸の長さです。
草食動物は穀物や野菜類に多く含まれる食物繊維の消化に時間がかかるので、
腸の形が複雑で長いと言われてます。
日本人の腸は欧米人のおよそ1,3倍の2メートルもの長さがあるそうです。
また、血糖値をコントロールするインスリンの分泌量が、日本人は欧米人の約半分しかないそうです。
このため、欧米化した食事ばかり採っていると、
糖尿病や生活習慣病を招いてしまうのも当然という事です。
というわけで、今日は千切り大根の煮物を作りました。
乾物をいっぱい使うのも日本食の良いところ。
干すと、身体温め食材になります

身土不二。

しんどふじと読みます。
人間の身体はその土地と切っても切り離せないという意味です。
この身土不二が弊社、「株式会社シンド・フジ」の由来です。
色々と便利になった時代ですが、
人間の身体は機械でもコンピューターでもありません。
自然の一部です。
体内は劇的な進化はしないのです。
だけど、退化はするようです。
もちろんお肉や魚も大切ですが、
それらをバランスよく摂取する和食が、日本人には一番合うと思います。
私たちは、食べたもので出来ている。
冬場は特に温め食材をいっぱい食べて冷えに負けない強い身体を作りましょう。
生姜を干してから粉末にした乾燥生姜もやはり温めパワーはたっぷり。
プラスするだけで身体が芯から温まり、代謝や免疫力を高まる黒糖ジンジャーは
こちらから→黒糖ジンジャー

お弁当

とある日の私のお弁当です。

温活とは習慣です。

寒い日に持参するお弁当にだって身体を温めるひと工夫を。

冷えに負けないように作りました。

いたって普通のお弁当のようですが、(お弁当はベーシックが一番と思っている)

おにぎりが、玄米おにぎりです。(写真下手で玄米感ないですね汗)

玄米は、白米よりも、ビタミン・ミネラル・食物繊維を豊富に含んでおり、人間が健康を保つために必要とされる栄養素をほとんど摂取できるため、完全栄養食と言われています。

また冷え(薬膳)の観点から言うと、

色の黒い食べ物は身体を温める。

白い食べ物は身体を冷やす。

が、基本です。

主食で言うと、精製された白米より玄米。 うどんよりそば。

精製された小麦粉より全粒粉と。

保温ジャーにいれたあったかい豚汁といただき、

身体ほくほくです。

double socks 愛用者の声 モデル編2

double socks使用者の声、第2弾はモデルのエンナさんです。

☆プロフィール☆

ENNA°(エンナ)

株式会社Light Management 所属

主な出演歴

・水都大坂 ファッションシュー

・三宮コレクション

・グランフロント・スタイリングエキスポ


気づけばもう冷え性歴何年?というくらい悩んでいたところ

Shindo fujiのdouble socksに出会いました。

冬場は特に寝るときの冷えが酷くてなかなか寝付けないので、

せめても‥と今まではもこもこソックスなどを履いていましたが、

暑すぎるのか朝起きた時には無意識のうちに脱いでしまっていたり、

蒸れを感じたり、その後結局冷えてしまう‥。

お風呂から上がった後の足の温かさをさらりとしたままで、

寝るときもずっと維持できたらいいのにと思い、

これまでもゆたんぽや電気毛布といろいろ試してきましたが、

手間やお金が掛かる割には十分な効果を感じるものに出会えませんでした。

double socksは最初使い方を聞いた時に

2枚重ね履きと聞いて、暑すぎたり蒸れたりしないのかな‥?

と思いながら入浴後に早速履いてみたのですが、すると蒸れなどは一切感じず快適なの湯上りのぽかぽかをずっと維持してくれました。

しかも、朝までずっとさらりとしたままなので心地よく眠れる‥!

冬場は寝る時以外もルームソックスとして重宝しています。

外側から温めるんじゃなくて、本来の体温を守ってくれる感じ

今まで履いていたもこもこソックスにはない感覚でした。

この感覚は病みつきです、ぜひ試してみてください。

 


現在はLIGHT managementoを退職。
アーティストとして展示やライブペイントの他、イラストレーションでは音楽やファッション関係などの様々なアートワークを手掛けるエンナさん。

彼女は自炊を心がけたりジムに通われたりと、スタイル維持や温活的にもよい習慣をとりいれられていました。
ただ製作活動に忙しくなると、気づくと朝から何も食べていなかったということもあったり生活が不規則になる時があるそうです。
温活グッズを効果的に活用して、忙しい時でも、忙しい時こそ温めて血行促進、免疫力が下がらないように気を付けていただけたらと思います。

巷でよく見かけるモコモコソックスは一見温かそうですが、
素材がアクリルやポリエステルなど化学繊維100%のものがほとんどです。
もちろん外気を遮断するので温かくはありますが、シルクのように熱を生み出す力はありません。また吸収、放湿力がないので足から出た汗や老廃物を外に排出できずまた戻ってしまい、逆に冷やす心配も。

 

化学繊維に比べ天然素材は値が張ります。
しかし高いには訳があります。
見た目や値段に惑わされず、良質なものを選んでください。

 

皆さんの身体はそんなかけがえのない価値がありますから。

 

 

 

 

double socks 愛用者の声 モデル編

☆プロフィール☆

都留詩織

20代

福岡出身

東京・大阪モデル事務所LIGHTmanagement所属

主な活躍

・「CYCLE MODE インターナショナル 2014」CM

・「ほっともっと」CM

・「JR西日本 ユニバーサルプラン編」CM

 


一人暮らしを始めてから栄養のバランスが偏ってしまったのか、平熱が35度

台になり、足先の冷えは特に悩んでいました。お風呂で温まってもすぐに冷た

くなってしまい、なかなか寝付けないこともありました。朝ぼーっとして目が

さめるまでに時間がかかるのにも困っていました。

そんな時に出会ったのがこの靴下でした。それまでも、部屋の中では冬は常に

靴下の上にルームソックスを履いていたのですが、冷えた足先を包むだけなの

で、むしろ保冷しているような状態でした(笑)あとからゴムで締め付けること

で血行を悪くしてしまっていたことを知りました。

この靴下をお風呂から上がったらすぐに履くと、長い時間ずっとぽかぽかして

いることにまず驚きました。締め付けがなく、履いたまま寝てしまっても気に

ならないほどです。

冷えとり靴下というと、白やベージュといった地味な色というイメージがあっ

たのですが、これは外に履いていけるくらい可愛らしいデザインなのが気に入

っています?シルクなのに洗濯機で洗える点も高評価でした。

また、靴下を使うことと合わせて、運動をすること、カフェインや体を冷やす

食べ物を摂りすぎないこと、タンパク質を摂ることなどに気をつけるようにな

りました。

温活を始めて4ヶ月ですが、顔色が悪いよ、言われることが減りました(笑)夏も

クーラーによる冷えなど油断大敵なので、1枚目の靴下を毎日履いています。

これからも温活を続けていこうと思っています!


詩織さんは温活講座にも参加してくださり、double socksを履くと同時に
身体を温める温活習慣も取り入れられました。
冷え性になるのもいきなりでありません。習慣から徐々に引き起こされるものです。
詩織さんの場合はとくに一人暮らしを始めたことにより生活習慣が大きく変化された

ことにより冷えを蓄積されたものと思います。
それを改善するのもやはり習慣です。
身体を温める正しい方法を知って実践する。そしてこれまでの冷え習慣に代わって温め習慣化する。
これが一番大事なポイントです。
ヌックスとともに温活も引き続き頑張ってください。モデルとして最近ますますご活躍の彼女にNUXもファンとして応援しています。

芸能人、モデルに人気の冷えとり靴下

冷えとり靴下愛用のモデルさんや芸能人は結構いらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

モデルの田丸麻紀さんや、

{F4462716-0DA8-42F4-8B1D-94F7581F8D40:01}

森貴美子さん、

{66D4A145-8AC4-4907-B928-0979E7BA309C:01}

南果歩さん、
 渡辺満里奈さん、

ベッキーさんの美脚の秘訣は冷えとり靴下だと公言され話題になりました。

など、モデル界芸能界では冷えとり靴下ユーザーとしてご覧の方々は有名です。
意外なところでは、

浜崎あゆみさんが、
{4ABEC47E-EC99-4451-9071-F2D738597839:01}

(以上画像は全てお借りしました)

こちらのスタイルブックで、冷えとり靴下を日常的に履いていると紹介されていました。
温活で綺麗になれるって本当です。
そして、それにいち早く気付いた女子たちも取り入れて、温活する女子を

「冷えとりガール」って呼ぶんですよ。

可愛いですね
でも、そんなネーミングが付くほど流行っているという事は、
それだけ今は若い子から年配の方々まで、
冷えや低体温に悩む人が増えてるって事です。
とくに私は冷え性で悩む人の低年齢化を問題視していて、こうして温活の大事さを伝え歩いているわけです。

冷えはやがて不妊に繋がります

若い子たちが、いつかママになりたいと思ったタイミングで、赤ちゃんを授かってほしいから、
冷えは1日2日で治るものではないから、
早くから取り入れて欲しいと願ってます。

{718ACE34-DFB5-4DE1-A0CE-B70035A2C8B3:01}

そんな想いをこめて作られたのが、冷えとり靴下double socksです♡
白の五本指ソックスは内側がシルクで、外側が綿
その上にレインボーカラーのお好きな色を一足重ね履きします。
こちらも内側がシルクで、外側がオーガニックコットン
二足重ねて4足構造になる仕組みです
 こちらから↓

足元から温めて、心まで温めたい♡

私は、温活のおかげで体温も高いが、気合いも熱いのです(笑)