基本編

lesson1

 

あれもこれも実は冷えのせい?

「冷えは万病の元」という言葉をみなさんも一度は聞いたことがあるでしょうか。

では冷えとは一体何?

案外みなさん冷えの正体をご存知ない方がいらっしゃいます。

冷えとは「血液循環不全」と「低体温」の状態です。

血の巡りが悪く、体温が低い事です。

その原因はは大きく分けて2つあります。

 

①血液循環不全

からだが冷えると血の巡りが悪くなり、身体に必要な栄養や酸素が行き渡りにくくなります。 この状態が続くと、やがて肩こりや頭痛などの不調から、女性疾患や不妊、はたまた生活習慣病や癌といった重篤な病にまで発展してしまいます。もちろん、お肌のくすみや青ぐまなどのトラブルの原因にもなります。

 

②自律神経の乱れ

人間は本来、昼間の活動神経である “交感神経” から、夜間にはリラックス神経である “副交感神経” に切り替える力を持っています。この2つは生命活動のバランスを取る神経で、「自律神経」と呼ばれます。

ストレスフルな現代では、上手にスイッチの切り替えができず「自律神経」が乱れがちです。自律神経が乱れるとますます血流が悪くなり、身体はさらに冷えやすく、さらなる不調を招きます。

%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88%e3%80%80%e8%82%8c%e8%8d%92%e3%82%8c

普段からスキンケアをしっかりしているのに、「なぜかお肌の調子がよくない」と感じるなら、もしかしたら血液循環が悪かったり、自律神経が乱れていたりする可能性があります。

 

 

温活で、冷えを制する者は、元気もキレイも手に入る?

 

1.温めて自然治癒力をUP!

 

不調の元である「冷え」を取り去り、「自律神経」を整えると、人間に元々備わっている自然治癒力が高まります。そうするとストレスに負けない元気なからだや、高価な化粧品やエステに頼らずとも輝く美肌や艶髪、またダイエット効果や精神安定などを手に入れることができます。

冷えを制する温活は、実はいいことばかりなのです。

これはもう、今日から温活を始めるしかありませんね!

 

 

2.温活方法は1つじゃない。まずは足元を温めることから始めよう!

 

冷えというのは、一度良くなったからといって、もう冷えないというわけではありません。 冷える習慣を温める習慣に直し、それを持続しなければいけません。

 

温活は、一時的な対策ではなくて 「習慣」 なのです。

 

冷えを治す、つまり、冷えない体質を維持するには、食べ物に気をつけたり、運動で予防したり、自律神経を整えたりと、トータル的に改善する必要があります。

 

でも、初めて温活をされる方、または忙しくてなかなか全部はできないという方もいらっしゃいますね?そんな方のための温活は、まずは「足元を温めること」をお勧めします。

 

足の裏には第二の心臓と呼ばれるくらい、全身のツボが集まっています。また、二足歩行の人間の身体は、どうしても下半身は上半身に比べて血液が流れにくく、温度が低くなりがちです。

ツボが集中している末端部分の足元を温めると、そこから全身の血行もよくなり、内臓への血流がよくなることで内臓神経を司っている自律神経のはたらきも整います。

 

温活初心者には、NUXシリーズのdouble socksから始めることをおススメします♪

↓  ↓  ↓  ↓

2足で4枚分の温かさ・冷えとり靴下NUX